LONG STORY

命の源「海」

むかーしむかし、そのむかし…
今から何十億年も前のおはなし。

OCEAN, SOURCE OF LIFE

Once upon a time…
A Story way back in billions of years ago..


広い宇宙の中の地球という小さな星の海の中で、
初めての生命が生まれました。
ある日、何かの偶然で生まれたカビのような生物は
光合成を発明しました。
光合成から酸素が生まれ、地球の周りにオゾン層が
つくられて、お日様からの強い紫外線を防いでくれ
るようになりました。
そして、生命は海から陸へ上がることができるよう
になりました。
初めは藻のような生命が陸地にしがみついては枯れ、
しがみついては枯れして、
そのうちに次の生命が生まれ、やがて植物になりました。
そうすると今度は、植物を分解する菌が生まれ、
それがたくさんの年月をかけて動物になりました。
分解された植物は土になり、植物がつくったエキスは
海に流れ込んでいきました。
海は少しずつしょっぱくなり、その中で背中に骨のある
生物(脊椎動物)が生まれたと言われています。
そして、また、たくさんの年月がたって、私たち人間が
でき上がりました。
でも、本当のところはだれにもわかりません。
だれも見ていた人がいないからです。
ところが、この数十億年の時の流れを私たちに教えて
くれる不思議な真実があるのです。
In the whole-wide universe, a first living-organism was created in an ocean on a small planet called earth.
One day, photosynthesis occurred by accident on a microscopic organism and oxygen was produced.
Then the ozone layer was formed around earth, which protected earth from beaming UV of the sun.
Shortly after the event, organisms were able to start living on the land.
First, algae-like organisms kept growing and dying on the land and eventually plants were born.
Bacteria that break down plants were born and animals were also born many years later.
Dead plants became soil and the extract got released into the ocean.
Vertebrates were born due to the increased level of salinity in the ocean.
And again, many years later, homo sapiens were born.
But who knows how all these events actually happened?
There is no witness.
However, there is a fact that tells us about what happened over the course of billions of years.

お母さんの中の「海」

お母さんのおなかの中には、
小さいけれどふしぎな海があるのを
知っていますか?

OCEAN, THE MOTHER

Did you know that there is a small ocean inside
our mother's bodies?


それは「羊水(ようすい)」というものです。
お父さんとお母さんの命が結びついて、小さな一つの
細胞として生まれた私たちは、その温かな羊水の中で
300日近くを過ごします。
細胞は分裂し、お魚やイモリのような形になったり、
鳥みたいになったりして、最後に人の形になって
「オギャー」と産まれます。
羊水は薄い塩水です。 塩分濃度は約1%。
それは海の中で脊椎動物が生まれたときの海の塩分濃度と
同じなのだそうです。
潮風に吹かれたり、海にゆったりと浮かんでいると、
不思議に心が落ち着いたり、懐かしい気持ちになるのは、
お母さんのおなかの中で過ごした時間を思い出すからなの
かな〜 もしかしたら、私たちの細胞の一つ一つが、
生まれた場所を覚えているからかもしれませんよ。
Amniotic fluid, so called a small ocean inside mother’s body.
Once eggs are fertilized inside a mother’s womb, those tiny lives spend in amniotic fluid for nearly 300 days.
Cells split, and it keeps forming into different shapes from fish-like to lizard-like to bird-like shape. And eventually forms into human baby shape.
Amniotic fluid contains small amount of salt with salinity of 1%, which is believed to be the same concentration level of salinity when vertebrate was first born in the ocean.
The feelings of reminiscence and calmness we get when we feel the sea breeze or floating in the ocean might come from the time we spent inside the small ocean in our mother’s bodies.
Maybe each cells of our bodies still remember where we came from.

病気になったら「海」へ・・・

OCEAN, THE REMEDY


私たちの体の中にある水も羊水と同じぐらいの塩分
を含んでいて、体をつくっている成分はみんな海に
含まれています。
それは海が私たちのお母さんだからです。
お医者さんやお薬がなかった時代、人々は病気を治しに
「海」に行きました。「海水浴」は、
今では楽しい夏の遊びですが、もともとは
世界各地で行われていた治療法です。
私たちの国でも、昔は「潮浴(しおあみ)」や
「潮湯治(しおとうじ)」をしていました。
海は体の中の汚れをきれいにしてくれる……。
そのことを昔の人はちゃ〜んと知っていて、
海に入ってたんだなぁ。
石垣に「おかえりなさい」
Water in human bodies contain the same level of salinity as amniotic fluid and all the things that make up our bodies can be found in the ocean.
Because ocean is our mother.
Swimming in the ocean is only thought of as a summer activity in recent times but it used to be practiced as a remedy all over the world.
People went to ocean as a remedy for their sicknesses when there were no doctors and medicines back in the day.
In Japan, there used to be remedies often practiced called “Shioami” and “Shiotouji”.
Ocean detoxes inside our bodies. We must continue protecting our mother in the nature. And,
“Welcome Back”ISHIGAKI